栄養士への報告内容について

​プログラム期間中は当日の食事写真とその日の活動内容(起床時間等)を送付頂きます。

以下の必要事項確認いただき、LINEにて送付してください。

​■当日の活動情報

1日の必要エネルギー量はお客様のその日の活動内容によって異なります。

食事報告に併せて、以下の情報についても毎日ご連絡ください。

​(1)起床時刻 
(2)就寝時刻 (翌日の最初のご連絡時)
(3)当日の運動有無(有の場合は内容と時間) 
(4)当日の身体活動レベル(Ⅰ~Ⅲのいずれか

​■当日の食事写真

朝昼夕の3食の食事のほか、間食・飲み物・サプリメントなど、その日口に入れたもの全て写真で送付してください。

ただし、エネルギー(kcal)のない水・お茶(緑茶・麦茶など)はエネルギーに影響しないものとして食事解析から除きます。

​※下痢気味などの症状がある場合は、栄養士よりメッセージにて水分等の摂取量について確認する場合もございます。

栄養士への写真の送付は、お客様のご都合の良いタイミングで問題ございません。

(例:実際に食事をしたタイミングで送付)

(例:1日の終わりにまとめて送付)

いずれの送付タイミングにおいても、報告例を参考に以下①~③の情報が分かるようにコメントをお願いします。

外食の場合

◇時刻
・12:30

 

◇内容(外食:定食屋A (飲食店名) 
・唐揚げ定食(豆腐のお味噌汁)

※ごはん普通盛り200g、ドレッシング不使用、全て完食

◇意識した点

・夕食まで時間が空く為、腹持ちの良さそうなメニューにした。

自炊の場合

◇時刻
・20:00

 

◇内容(自炊)
・かに玉焼きそば(卵L4個 蒸し麺3玉 ごま油少々)

・豆腐(1丁 オニオンスライス半個、醤油少々)

・野菜ジュース(小松菜 1株 トマトジュース300ml)

・ちくわ(A社 (メーカー名) 3本)

◇意識した点

・色んな食材からたんぱく質を摂れるように意識した。

①食事をした時刻(タイミング)

1日の終わりにまとめて送付頂く場合も、どの食事写真がその食事に該当するかが分かるようにコメントしてください。

②食事の内容・補足情報

​食事の内容が分かるように、メニュー名等の情報を記載してください。

 

NutritionGYM.では食事写真から目視的に重量を判断し、栄養計算させていただきます。
実際の数値により近しい結果を知りたい方は、各食品や食材の重量やメーカー/販売元/店名等をコメントしてください。

また栄養成分表示が分かるものは、写真添付していただけましたらその栄養価で食事解析させていただきます。 

<補足情報の例>

・メーカー/販売元/店名(外食の場合)

・お品書き等への栄養成分表示(外食の場合)

・パッケージの栄養成分表示

・ご飯の可食量/肉の種類や重量

・ドレッシング使用の有無等
 

<コメント例>

白飯200g、ハンバーグ300g(A社)、鮭おにぎり(コンビニA)など 

③食事で意識した点

一言で構いませんので、食事に関して意識した点を教えて下さい。

その他、報告内容に関してご不明点ございましたらLINEにてご質問ください。